YouTubeでの動画検索結果(自動)
※この動画に関して、著作権侵害を申し立てる場合はこちらのページからお願いします。

1987年製作の『ウィズネイルと僕』は、監督・脚本のブルース・ロビンソン(『キリング・フィールド』脚色、『ラム・ダイアリー』監督・脚本)の半自伝的な要素を多分に含み、登場するキャラクターは全て実在の人物をベースにするなど、彼自身が生きた1960年代終わりのイギリスの雰囲気と青春時代の終焉を濃密に描いている。売れない役者の“ウィズネイル”役には、この作品がデビュー作となったリチャード・E・グラント(『ザ・プレイヤー』『ドラキュラ』)。“僕”役には、ポール・マッギャン(『エイリアン3』『フェアリーテイル』)。ウィズネイルの“悩める”伯父モンティ役には、『ハリー・ポッター』シリーズなどの名優、故・リチャード・グリフィスがユーモラスな演技を披露している。プロデューサーに、元ザ・ビートルズのメンバーであるジョージ・ハリスン。彼が作詞・作曲したザ・ビートルズのナンバー「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」を始め、ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス「ウォッチタワー(見張塔からずっと)」「ヴードゥー・チャイル」など本編で使用されている楽曲が豪華なのも特徴。また、本編エンドロールにはSpecial Production Consultantとして、Richard Starkey M.B.E.(=リンゴ・スター)の名前も登場する。

ウィズネイルと僕の動画が配信されているかチェック!

ウィズネイルと僕の動画が投稿されているかされているかチェック!

製作年

1987年

製作国

イギリス

スタッフ

  • 監督・脚本:ブルース・ロビンソン
  • 製作:ポール・ヘラー
  • 製作総指揮:ジョージ・ハリスン、デニス・オブライエン
  • 音楽:デイヴィッド・デュンダス、リック・ウェントワース
  • 撮影:ピーター・ハナン
  • 編集:アラン・ストラッチャン

キャスト

  • リチャード・E・グラント
  • ポール・マッギャン
  • リチャード・グリフィス
  • ラルフ・ブラウン